イベント

水芭蕉ガイドツアー

53
水芭蕉ガイドツアー

のりくら高原一の瀬園地を中心に広範囲に群生する水芭蕉は、5月のゴールデンウィーク前後に見頃を迎えます。池に映り込むように咲く水芭蕉や森のなかに群生する水芭蕉等、様々なロケーションで楽しむことが出来ます。そんな水芭蕉と春の乗鞍高原を、地元のガイドがわかりやすくご案内します。

開催日
2018.4.28 (土) 〜 2018.5.6 (日)
営業時間
10:00 - 00:00
午前10:00〜12:00  午後13:00〜15:00
集合時間 開始 30分前
料金

参加費

2時間コース1人
¥1,000
お問い合わせ
のりくら観光協会 0263-93-2147
URL
https://norikura.gr.jp/product/mizubasyo-guide-tour/

白ずきんの郷

高原の遅い春 雪融けと共に咲き始める水芭蕉は、地元の人々はもちろん 多くのお客様に愛されている春一番乗りのお花です.4月下旬から5月中旬まで、高原内の様々な場所で美しい群生をご覧いただけます。その愛らしさに因み「白ずきんの郷」という愛称をつけました。

水芭蕉ガイドツアー

氷河期からの残存植物と言われる水芭蕉の群生地を中心に、早春の乗鞍高原を歩きましょう。のりくら高原一の瀬園地を中心に広範囲に群生する水芭蕉は、5月のゴールデンウィーク前後に見頃を迎えます。池に映り込むように咲く水芭蕉や森のなかに群生する水芭蕉等、様々なロケーションで楽しむことが出来ます。地元のガイドが案内する水芭蕉観察ツアーです。
期間中 1日2回 2時間ほどのコースを、地元のガイドと一緒に楽しくお話しながらウォーキングします。

人数に制限はございますが、是非ご利用いただき、春の乗鞍高原をたっぷりとお楽しみ下さい。


参加人数 1名〜20名
集合場所 乗鞍高原観光案内所前
最寄りのバス停 観光センター前
駐車場 観光センター駐車場 200台(無料)
備考 行動食や飲み物、帽子などをご持参ください。

<ご注意>

標高1500m地帯を歩きます。天候によっては、寒さを感じる日もありますので、防寒着や雨具をご用意ください。
水芭蕉の群生地は湿地帯です。歩く道がぬかるんでいる場合もありますので、長靴など足元のご準備をお願い致します。

<イベントお問い合わせ・受付>

のりくら高原観光案内所
住所 〒390-1520 長野県松本市安曇4306-5
☎ 0263-93-2147
営業期間 通年
営業時間 9:00〜17:00(冬期は〜16:30)
最寄りのバス停 観光センター前バス停のすぐ横
申込   当日申し込みも可能ですが、定員に足している場合はお断りすることもございます。集合場所 乗鞍高原観光案内所前
受付窓口

のりくら高原観光案内所
営業期間 通年
営業時間 9:00〜17:00(冬期は〜16:30)
最寄りのバス停 観光センター前バス停のすぐ横
定休日  年中無休
当日申し込みも可能ですが、定員に達している場合はお断りすることもございます。

*情報は「乗鞍高原公式サイト」より頂きました。

  • 乗鞍高原

    乗鞍高原

    長野県松本市安曇4306-5
    電車
    松本駅より上高地線に乗車 終点 新島々駅下車(約30分)
    バス
    アルピコ交通の路線バスで乗鞍高原へ(約50分)
    ■東京方面または名古屋方面
    中央自動車道→岡谷JCT→長野自動車道→松本インター→R158→新島々→奈川渡ダム→前川渡信号左折→乗鞍高原(松本インターより約50分・松本城より約1時間半)

    ■名古屋・大阪方面
    名神高速→東海北陸自動車道→清見インター→高山市→平湯→安房トンネル→前川渡左折→乗鞍高原(清見インターより約1時間半)

    ■北陸方面
    北陸自動車道→富山インター→平湯→安房トンネル→前川渡左折→乗鞍高原(富山インターから約2時間・新穂高より約1時間)
    ※高山方面からは前川渡信号は右折できません、次のトンネルを過ぎると Uターンできますので、そこでUターンして来てください。

    ■R19木曽方面
    薮原→境峠→奈川寄合渡→奈川渡ダムでR158に合流→前川渡左折→乗鞍高原(約1時間)
    詳細ページ