松本平を見渡すホテル「ホテル翔峰」の日帰り温泉

2018.3.2
53
松本平を見渡すホテル「ホテル翔峰」の日帰り温泉

美ヶ原温泉の旅館街の中でも、ひときわ高台にある「ホテル翔峰」さんは、地元の人は皆知っているほど知名度があるホテルですが、中に入ったことのある人は意外と少ないのでは?

かくいう私も、すぐ麓に住みながら入ったことがありませんでしたが、日帰り温泉が良いと友人から評判を聞き行ってみました。

さすがに眺めがいい!晴れていてラッキ〜!

写真にはうまく映りませんでしたが、もっと南側の乗鞍岳もばっちり見えていました。

夜明け時や夕暮れ時はピンクに染まる山並みや空も楽しめるそう。夜は夜景も楽しめる絶景の宿です。

 

フロントで会計してバスタオルとタオルを受け取り、大浴場「束間の湯」へ。

ちなみに、「はしごチケット」を持っていると、日帰り入浴通常1,000円が900円にしてもらえます(有効期限2018年5月31日 それ以降のサービスはご確認ください)のでぜひご利用ください。

絶景を楽しめるロビーの奥にある階段を登っていきます

長いスロープを通って大浴場のロビーに。

ここから先は、ホテルに取材許可をいただいた上で、他のお客様がいないことをしっかり確認して撮影させていただきました。

脱衣室・浴場・洗い場全てが広々としていて、周りのお客様をあまり気にすることなくゆっくりすることができるのがとってもいいな〜!と感じました。

様々なメーカーのシャンプーを揃えたシャンプーバーがあったり、脱衣場に設置されたウォーターサーバーなど、至れり尽くせりです。

ゆったりとした設計と充実したアメニティで好評だというパウダールーム

特に良かったのはこちらのパウダールーム。

写真だとちょっとわかりにくいのですが、幾つもブースがあり、他にお客様がいらっしゃってもゆっくり身支度ができそうな雰囲気です。全てのブースに流しとドライヤー、使い捨てのブラシ、ティッシュなどが用意されているのもとっても便利です。

宿泊のお客様を優先する意味で、日帰り入浴は平日の11:00〜17:00のみ使用可能。正直ちょっと微妙な時間設定だなと思っていました。

でも、このパウダールームを見たら、県外からの友人が来たらまずここで温泉に入って、身支度してから街に遊びに行く作戦もいいかもしれないと感じました。

タオルも用意する必要がないので、化粧品だけ持って来れば良いです。そうすれば、お風呂に入ることを気にせず、夜もゆっくり吞みあかせそう〜!笑

  • ホテル翔峰 日帰り入浴
  • 入浴料1,000円
  • 平日11:00〜17:00のみ利用可能

最後に、おまけでご紹介。ホテルのエントランスにはこんなお面が飾られています。とっても大きい!!迫力あり。

ホテルのエントランスに飾られた特大の道神面

こちらは、ホテル翔峰から松本城方面にくだって行く途中にある、「日本民藝」さんの商品であり、故・宮田嵐村さんにより創作された民芸品です。生命の根源である陰陽をモチーフとしていて、松本〜安曇野地方における道祖神の文化の研究から生まれたものです。ロビーには他にも道神面が飾られていましたので、ついでに探してみるのも楽しいかもしれません。